中国留学

中国の富裕層の多くは子どもが小さい頃から英才教育を受けさせるほど教育熱心。そのため、中国の大学に進学している人のほとんどは真面目で熱心な根っからのエリート。秀才たちに囲まれての留学生活は、あなたのヤル気と才能を引き出してくれます。

■中国基本情報
【国名】 中華人民共和国
【首都】 北京市
【言語】 中国語=普通語(標準語)。広大な地域と56の少数民族がいるため、各地区で使われる言語は異なります。共通の言葉を作る為に1955年に北京語の音と東北の語彙と合わせた語法を「普通語」と定めます。普通話の普及のため小学校から統一教材で教育が行われています。
【通貨】 人民元 1元=16.00円 (2008年2月) お札の種類/100元札、50元札、20元札、10元札、5元札、2元札、1元札、5角、2角、1角 硬貨の種類/ 1元、5角、1角
【パスポート】 30日〜90日以内の滞在ビザはパスポートの残存期間4ヶ月以上、且つ3ページ以上の空白ページが必要。180日〜360日の滞在ビザは滞在日数+4ヶ月の残存期間、且つ3ページ以上の空白ページが必要。
【大使館】 〒106‐0046
東京都港区元麻布3丁目4‐33
Tel:03-3403-0995/FAX03-3403-5447
【物価】 日本の約1/8の物価。日本より安いという先入観がありますが、世界の物価水準の高い都市として北京と上海は5位以内に入ります。原因は品物による物価のバラツキにあります。特に外国製品は高い傾向にあります。国内でも地域別の物価差が大きい。ミネラルウオーター1元、パン1元、食堂の定食10元と飲食は安く、携帯電話本体800元〜と家電用品は高い。買い物は必ず日本円に換算することをお勧めします。
【気候】 大部分は温帯、亜熱帯に属しているが、広い大陸に分布するため高原、砂漠、盆地、海岸地帯などにより多種多様な気候帯になっています。冬は緯度により温度差が大きく、夏は一般的に高温。夏と冬の温度差が大きく、降水量も不均等で西北に進むほど少ない。
【日本との時差】 −1時間(日本が12時の場合、中国は11時)
【電話】 公衆電話はコインとカード式両用。寮の部屋の電話はプリペイドカード方式が主流。留学生で携帯電話の普及率が急増。携帯電話もプリペイドカード式。携帯電話の本体は約1万円から購入できます。各種カードは大学の売店で購入できます。
【インターネット】 登録すれば図書館などの公共施設にあるパソコンを利用できます。日本語は不可のところが多い。北京、上海では大学構内や周辺に日本語対応のネットフェもある。個人のPCはプロバイダに加入するか、ネット接続カードを購入して接続などの方法があります。
【日本からのフライト】 北京や上海へは東京、大阪、名古屋、福岡から毎日直行便があり、地方空港からも中国への国際便が飛んでいます。また、経済成長の勢いにのり、中国の地方都市にも直行便路線が増え続けています。

■ビザ
1.学生ビザ発給のための条件
・必要書類訪問ビザの申請について
(Fビザ) …会議、参観、スポーツ、友好交流、180日以内の短期留学短期留学ビザ

・パスポート
・証査証申請用紙に貼付する証明写真1枚(3×4cm)
・留学先の入学許可書と《JW202》表("招聘状"の俗称)の原本及びコピー各1枚
・記入済の《査証申請表》

留学査証申請について
(Xビザ) …留学期間が半年を超過する留学ビザ

・パスポート
・証査証申請用紙に貼付する証明写真1枚(3×4cm)
・留学先の入学通知書と《JW202》表("招聘状"の俗称)の原本及びコピー各1枚
・健康診断証(国公立病院にて受けたものに限る)の原本及びコピー
・記入済み《査証申請表》

2.申請料金
普通申請:3000円(日本国籍)
特急申請:普通申請料金にプラス3000円/1件

3.申請から発給までの期間(目安)
普通申請:申請日から5日目に発給
緊急申請:申請日の翌日に発給

4.申請方法・窓口
・必要書類を査証申請窓口に持参
・観光ビザは委託する旅行会社に提出

5.各国大使館ビザ情報のサイト
領事部ホームページビザ情報のサイト http://lsb.china.jp

6.申請場所
【中国大使館領事部】
住所:〒106-0046東京都港区元麻布3-4-33
電話:03-3403-0995、03-3403-0924
申請時間: 月曜〜金曜 午前9時半〜12時 (日本及び中国の祝日は休み)
管轄地域:
東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、埼玉県、岐阜県、福井県、富山県、石川県、長野県、山梨県、静岡県、群馬県、栃木県、茨城県、新潟県、福島県、宮城県、山形県

【駐大阪総領事館】
住所: 〒550-0004 大阪市西区靱本町地区3-9-2
電話: 06-6445-9480、06-6445-9481(代表)
申請時間: 月曜〜金曜 午前9時半〜12時 (日本及び中国の祝日は休み)
管轄地域
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、三重県、愛媛県、高知県 徳島県、香川県、山口県、広島県、島根県、岡山県、鳥取県

【駐福岡総領事館】
住所: 〒810-0065 福岡市中央区地行浜1-3-3
電話: 092-752-2784、092-752-0085、092-713-1121(代表)
申請時間: 月曜〜金曜 午前9時〜11時半(日本及び中国の祝日は休み)

管轄地域
福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、鹿児島県、宮崎県、沖縄県

【駐札幌総領事館】
住所: 〒064-0913 札幌市中央区南13条西23-5-1
電話: 011-563-5563
申請時間: 月曜〜金曜9時半〜12時(日本及び中国の祝日は休み)
管轄地域
北海道、青森県、秋田県、岩手県

【駐長崎総領事館】
住所: 〒852-8114 長崎市橋口町10-35
電話: 095-849-3311
申請時間: 月曜〜金曜10時〜12時(日本及び中国の祝日は休み)
管轄地域
長崎県

7.ビザ申請上の注意点
・観光ビザは個人での申請を受け付けていません。旅行代理店などの代理申請になります。
・各領事館の管轄区域以外に在住の方のビザ申請は受理されないことがあります。必ず領事館の管轄区域をご確認ください。
・JW202表と入学許可書はコピーを領事館に提出してください。
・Xビザ(留学ビザ)は健康診断に不備があると受理されません。健康診断の必要検査項目をすべて検査するようご注意ください。
・健康診断は国公立病院で受けた検査に限ります。それ以外の病院で検査された健康診断では受理されませんのでご注意ください。


サイトMENU

Copyright (C) 2007 海外留学への道 不安解消ナビ All Rights Reserved.