ホームステイ

ホームステイは現地の人々の一般家庭に居住し、住居から食事までのお世話になる方法で、単に部屋だけを借りる間借りとは違い、家族の一員として生活することをまず理解しなければなりません。家族の一員である以上、朝はみんなと一緒の時間に起き、朝食も夕食もともにとります。休日には買い物を一緒にしたり、ホームパーティなどがあれば、当然手伝いをすることになります。ホストファミリーと仲良くなるコツは「いっしょに何かをすること」です。

ホームステイでは、部屋の大きさに大小はあるものの、たいていの場合は個室が提供されます。部屋にはベッドと机が備え付けられています。部屋以外の場所はすべて家族との共有スペースとなります。留学生を複数お世話している家庭では、ルームメイトと一緒になったり、同じ年頃の子供がいる家庭では、同性の子供と一緒の場合もあります。

私立の語学学校に通うのであれば、たいてい入学手続き時にホームステイの手配も一緒におこないます。どの学校もステイ先の紹介には万全の注意を払っているので安心です。手配依頼の際には、すべてが受け入れられるわけではないですが、自分の希望(子供やペットがいても大丈夫か、など)ははっきり伝えておくことが大切です。

ホームステイ先が決まったら、日本を出発する前にぜひメールまたは手紙であいさつをしておきましょう。自分についての簡単な紹介文、食べ物の好き嫌い、趣味や留学への抱負など、もちろんお世話になることのお礼も忘れないで記載しましょう。

ホームステイでは、自分も家族の一員にしてもらった、という気持ちで接することが必要です。それも心に思っているだけでなく、言葉や態度で表すことが大切です。そうするためにはコミュニケーションをとることが必須です。「おはようございます」、「行ってきます」、「おやすみなさい」のあいさつ。そしてわからないことは、何でも聞いてみることから始めましょう。

各家庭にはその家なりのルールがあります。食事は何時からとか、お風呂はいつ入れるか、洗濯はどうするのか、といったことについては、たいてい到着初日に教えてくれます。これらはすべて、お互いに気持ちよく生活するために必要なことなので、メモをとるなどして、しっかり覚えてましょう。掃除、食事、シャワー/お風呂、洗濯、電話、外出など、確認しておいたらいいですね。

しかし、誤解や習慣の違いがあるので、トラブルも多々あるでしょう。自分はこんなことを不満に思っている、と具体的に話してみましょう。そして、「自分はこうしたいけど、可能だろうか?」などと聞いてみると良いです。相手はその不満に気がつかなかっただけで、話してみたら案外すんなり解決した、というケースは多いです。話し合いが大切ですね。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 海外留学への道 不安解消ナビ All Rights Reserved.