インド留学

インドは深い尽きせぬ魅力に満ち溢れた国です。とても古い歴史と多様な宗教、言語、文化を持つ民族がひしめき合ってしかも一つの統一ある文化圏を形作っています。インドの地域、町、村とそこに住んでいるインド人たちもまた実に多種、多様です。留学生活においてのいろいろな出会いが人間を一回り成長させてくれるでしょう。

■インド基本情報
【国名】 インド共和国
【首都】 ニューデリー
【言語】 公用語はヒンディー語で、英語も日常的に使用されています。その他にも17の主要言語及び844もの方言が話されています。
【通貨】 インド・ルピー 1Rs=約2.71円(2008年2月現在) お札の種類/10Rs、20Rs、50Rs、100Rs、500Rs、1000Rs (マハトマ・ガンジーの肖像画が全てのお札に描かれている) 硬貨の種類/10、25、50Paise、1Rs、2Rs、5Rs
【パスポート】 6ヶ月間以上有効なもの。
【大使館】 〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-11
TEL 03-3262-2391/FAX 03-3234-4866
【物価】 インドの物価は都市にも寄りますが、一般的に日本と比べると安い。中間レベルのインド人公務員の月収が約2,000ルピー(約5,500円)くらいだといわれています。一般的な物価の目安をみると、店先で売られているミネラルウォーター1本が約15ルピー(約41円)、外国産タバコが約30ルピー(82円)という感じ。また一般的なホテルの宿泊代は200ルピー(550円)/泊が相場ですが、昨今の観光ブームで観光客向けの高級ホテルは30,000円くらいするものもあります。
【気候】 インドの観光ベストシーズンは、10月から3月まで。4月から9月末までは日中40度を超えるほどの暑さと、6月以降は雨期が重なるので日本人には少し過酷な時期です。10月以降は夜は若干冷えるが、日中は過ごしやすく渡航時期としては最適な時期と言えるでしょう。
【日本との時差】 日本時間より3時間30分遅いです。日本が正午であれば、現地時間は午前8時30分になります。
【電話】 インドでは携帯電話がかなり浸透していますが、電話屋もまだ多く見かけられます。街角で、黄色や白色の地の看板に「PCO、STD、ISD」などとあったら、電話屋です。電話屋には家庭用電話機が備え付けられており、受話器を上げ「PCO」が市内通話専用回線、州の外にかける場合(長距離電話)は「STD」、「ISD」が国際電話可能な電話です。街中から日本に電話をかける場合は「ISD」の看板のあるところでかけましょう。
【インターネット】 インドのインターネット普及率は、都市にも寄るがまだまだ開発途上というところです。主にインターネットカフェ(インドではサイバーカフェと呼ばれる)を利用する人が多いです。また、都市部にはアクセスポイントがありますが、地方に行くとアクセスポイントがなく長距離電話になる場合が多く、通話料が嵩む場合があるので注意が必要です。
【日本からのフライト】 日本からインドへの国際線乗り入れ都市はデリー・ムンバイだが、バンガロール・チェンナイ・コーチン・ハイデラバード・トリバンドラム・ゴア・アーメダバードなどインド諸都市へ乗り継ぎのフライトがあり便利です。

■ビザ
1.学生ビザ発給のための条件
インドで学生として滞在するには、必ず学生ビザが必要。政府から認定を受けていない大学や教育機関に行く場合は、学生ビザ発給が許可されない場合もあるので注意が必要。

2.必要書類
・アプリケーションフォーム(http://www.embassy-avenue.jp/india/Forms/VisaForm.pdf)
・パスポート用サイズの証明写真2枚 (裏面にパスポートと同じサイン。)
・パスポート原本(6ヶ月以上の有効期限があること)
・英文での簡易履歴書 教育機関からの入学許可証 預貯金残高証明書(滞在期間をカバーするもの)

3.申請料金
1,200円(2005年9月25日現在)
※インド総領事館に申請する場合(沖縄を除く、三重県以西に居住者対象)は、追加で500円必要。

4.申請から発給までの期間(目安)
当日発行

5.申請方法・窓口
自分の居住している地域を管轄している大使館または総領事館に申請します。下記の大使館または領事館に持参するか、郵送にて申請を行います。郵送にて申請する場合は別途1,000円が必要で、さらにビザの返送を希望する場合は追加で600円が必要。必ず現金書留で送付すること。

【インド大使館】
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
TEL:03-3262-2391 FAX:03-3234-4866
受付は平日9:30〜11:00(インドの祝祭日も休館)
管轄地域: 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、栃木、長野、新潟、富山、石川、福井、岐阜、静岡、愛知、沖縄

【インド領事館】
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町1-9-26船場ISビル10階
TEL:06-6261-7299 FAX:06-6261-7799
受付は平日10:00〜12:00(インドの祝祭日も休館)
管轄地域: 三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

6.インド大使館ビザ情報のサイト
http://www.embassy-avenue.jp/india/index-j.html

7.ビザ申請上の注意点
ビザの発給は原則として即日発給ですが、日本の休日、インドの休日にあたる場合は多少時間がかかることがあるので、余裕を持って申請すること。また、受付時間は厳守すること。


サイトMENU

Copyright (C) 2007 海外留学への道 不安解消ナビ All Rights Reserved.