語学力テストを受ける

募集要項にしたがって、出願に必要な書類をそろえましょう。
語学学校の場合は入学申請書類を記入し、残高証明書などの必要書類をそろえて、入学申請料の支払いが指示どおり済まされていれば、ほとんどの場合は入学許可がおります。
大学や専門学校などの場合は、入学申請書類、事前のテスト結果等の書類選考となります。そのため、学校へ提出する書類には不備がないよう注意しなければいけません。

【入学申請書類(Application Form)】
学校によって記入項目、記入形式が異なるので、注意事項をよく読んで記入しよう。学校によってはオンライン出願を受け付けているところもある。

【入学申請料・願書申請料(Application Fee)】
通常、願書提出と同じタイミングで支払うのが一般的。願書申請料の入金が現地で確認されないと、入学許可手続きが進まないことがあるので注意しよう。小切手などで送金するのが一般的だが、オンライン出願の場合はクレジットカード決済ができる場合が多い。

【残高証明書(Financial Guarantee)】
留学のために十分なお金(財力)があることを証明する書類。出願者と費用負担者が異なる場合は、負担者の預金残高証明書を提出することになる。

【成績証明書(Transcript)】
大学や高校などの最終学歴の成績証明書を用意する。学校の事務局で英文の証明書を発行してもらう。学校によっては発行までに時間がかかることもあるため、早めに依頼しよう。

【卒業証明書(Certification of Degree)】
大学や高校などの最終学歴の卒業証明書を用意する。学校の事務局で英文の証明書を発行してもらう。学校によって発行までに時間がかかることもあるため、早めに依頼しよう。

【健康診断書(Health Certificate)】
病院で英文の健康診断書を発行してもらう。学校によっては指定用紙を用意している場合がある。

【語学力テストのスコア(Official test score report)】
学校によって様々であるが、正式な語学力テストのスコア提示を求められることが多い。TOEFLのスコア提示が一般的。

【その他のテストのスコア(Official Test Score Report)】
学校によって様々であるが、正式な学力テストや適性テストのスコア提示を求められることが多い。GMAT、GRE、LSAT、SATなど。

【志望動機を含むエッセイ(Essay)】
志望動機や、留学を通して何を学びたいかなどの自己アピールをまとめたレター。語学学校の場合は必要書類に含まれていないことが多い。

【推薦状(Recommendation)】
卒業校の先生や、勤務先の上司などからの推薦状。英文で用意する。
出願者の人柄や学問に対する姿勢、過去の経歴などを証明するものとして非常に有効的なものであり、学校側も重視する傾向がある。

・入学申請料・願書申請料の送金
出願時に入学申請書類提出と同時に支払うのが一般的。金額や送金方法は学校の指示に従います。
外国為替取扱銀行で送金小切手をつくって送付するのが一般的ですが、銀行から学校の指定口座へ電信送金する場合もあります。また、オンライン出願の場合は、クレジットカード決済で済むこともあります。


サイトMENU

Copyright (C) 2007 海外留学への道 不安解消ナビ All Rights Reserved.