短期留学

一般に三ヶ月までの留学のことをいい、プチ留学とも呼ばれています。
外国の語学学校は1週間または2週間からの受講が可能ですので、短い期間の休暇でも留学は実現できます。

また短期留学の場合、「パッケージ」といわれる<語学学校+ホームステイ+観光>のようなパックになったツアーも多いので手軽に外国生活を体験することができます。

なかなか長期の休みがとりずらい社会人の方や、長期留学のための下見をしたいという方、また外国生活を夏休みや春休みの間で体験してみたいという学生の方、また退職後に自分の視野を広げたいという年配の方にも短期留学はおすすめです。

長谷川京子、藤原紀香、牧瀬理穂などの女優も、時間をつくっては短期留学に行くほど、単なる旅行ではなく、もう一歩踏み込んだ体験をしたいと、短期留学をする人が増えています。

各国で、定番の語学留学だけでなく、お稽古留学、ボランティア留学など、語学コースといろいろな体験コースを組み合わせた短期留学コースが充実してきています。長期留学の下見にもいいですね。

各旅行会社、留学エージェントなどでこのような短期留学プログラムを企画しています。一般的な目安としては、英語に慣れてくるのが三ヶ月頃からといわれています。しかし、現地に行っただけで、英語がぺらぺらになるというものでもありません。

しかし、積極的な姿勢でしっかり勉強すれば、短期間でも語学力は身につくのです。短期の留学をすることで外国人と話すことに慣れ、外国語に対する恐怖心や、恥ずかしいという気持ちがなくすことができます。

短い期間でより多くの成果を得るためには、自ら話す機会を増やしていくことが大切。ホームステイならネイティブスピーカーと話す機会を多く持つことができ、学校では語学レベルが同じ外国からの友達と話す機会を得ることができます。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 海外留学への道 不安解消ナビ All Rights Reserved.